お知らせ

2021.3.6

嶋田聡の今週の一言

ケチ しみったれ

人間として、普通二心(ふたごころ)あります。例えば、勉強したくないけど


 馬鹿にされたくない、きれいにかわいくが面倒くさいけど不細工はいや、


 運動したくないけど、運動神経無いといわれるのはいや、友達に話し


 かけるのはいやだけど、友達はたくさんほしいなど。二心有りで二心


 あるのは当たり前なのです。食事を作ってあげた時、「食事どうだった?」


 と尋ねると「少し辛かった」と言われると、「一生懸命作ったのに」と


 いじけた時、人にはいろいろ言われるものだし、色々な反応があることが


 分かっていません。一生懸命走っていて、昨日褒められたのに、今日は


 怒られることもあります。「本気で走っていないから自分はダメなんだ」では


 なく、「ひとがほめてくれるかなー」「でもわからん」と考えることです。


 一生懸命 一意専心ではありえないのです。二心あっていいから、腹を決める


 こと、器をでかくすることです。生真面目に考えてやって怒られると


 「信じられない」というのがケチなのです。腹きめてすることをやる、


 それだけです。努力はいりませんし、人として向上、成長して気楽に


 なります。認識を変えることでタフになります。


 


 


 


pagetop このページの先頭へ