お知らせ

2021.4.30

嶋田聡の今週の一言

NEW!!

キツイ ラク

人は何かをする時、自分の当たりまえ基準でキツイ、ラクを決めています。自分にとっての


 当りまえ以上であればキツイになりますし、自分にとって当りまえ以下であればラクになるのです。


 しかしながら、自分のあたりまえ基準が自分のものなのか、他人のものなのかを解っていない


 (分かちていない)人がいます。そんな人は当りまえを何となく数の多い常識と考えています。


 問題は何が正しい常識なのかではなく、あたりまえの基準を動かせるかなのです。基準を


 動かせる自分を持つかなのです。自分のいる場所で賢く決めることです。賢くない人は


 当りまえを何となく皆がしそうな基準で働いたり、動いたりしますが,評価は±0です。


 ちょっと失敗すれば評価は-となります。賢い人はちょい足すをやります。皆より


 ちょっと足してやるのです。「自分だけなぜやるの?」と言わずにやってみることです。


 他者との関わりでうまくいくコツですし、失敗しても「人間やからミスもある」と言って


 もらえます。腕立て伏せを毎日100回やる人は、200回やるときついかもしれませんが


 やってない人は10回やってもきついものです。何回やるのが当りまえの常識なのかは


 わからないのですが、店の人に30個運んでと言われた時、早く終わらせて「もうないですか?」


 言えるようにちょい足しできれば、バイト代アップになるでしょう。


 

pagetop このページの先頭へ